【曲名】夢の続き
【収録】time's:witch - 14曲目
【時間】4:03
【作詞】時計屋
【作曲】氷空色釦

あの日見ていた空に 語りかけた
雲の合間 消えゆく空の向こう
ひとり見ていた夜に 君を置き去りのまま
僕は今もまだ まどろむ

君が見ていた夢を 越えた先に
刻んでいた記憶 いつか会いに行くよ
ここに 君が置き去りにした
かけら集め 続く道を


海原の片隅 砂の上で
夢中で追いかけてた 鳥の群れを
いつのまにかもう 遥か後ろに置いて
目の前にはただ 知らない世界


僕が聴いてた海の さざめきには
遠い街の 物語が載ってた
君の聴いてた遥か いにしえの物語
静寂の中で 響いた

誰も聴かない声が 誘うように
運んできた透明な奇跡信じ
深く 届かない海の底 星の彼方
君目指して


大きな鳥籠 飾りガラス 分厚い天井
そっと飛び出そう 風が叫ぶ 草の海へ


いつか歩いた 君と歩いた 大地
荒野の影 森のこだま 行き交う人の鼓動
ふたり辿った道の その果てには確かに
平和が 待ってた

僕が見ている海の その向こうに
ふたりでいた たくさんの軌跡
かすかに残る
きっと迎えに行くよ
夢のかけら 叶えた先へと

いつかきっと

通販サイトでもご購入いただけます。

TOP おふぃしゃる 通販

Youtube ニコ生